こんにちは。

リヴの助っ人カウンセラー・みさです。

 

家に居る、いや、家に居ないといけない状況が続いていますね。

家族が常に家にいることによるリスクを思います。

今日はDV電話相談のご案内です。

 

DVがあるご家庭で、パートナー(DV加害者)が

在宅勤務で、休職中で、職を失って…常に家に居る…。

想像するだけで苦しいです。

 

仕事に行っていたとしても

コロナのことで世の中は不安定だし

もし自分や家族が発病したらとの恐れもあるし

ストレスがどんどん溜まり

暴力の頻度が上がっていくかもしれません。

 

パートナーや子どもが家にいると電話相談も難しいとは思いますが

全国共通の電話番号から相談機関を案内するDV相談ナビサービスをお伝えしますね。

最寄りの相談機関の窓口に電話が自動転送されて相談できます。

 

DV相談ナビの電話番号は0570-0-55210です。

 

苦しいな、きついなと思う時はひとりで耐えずに

ほんの10分でも外に出て相談機関に電話してくださいね。

その時は「家から出てかけている。10分だけ話せる」とまず伝えてください。

 

DV相談ナビ以外でも

【DV相談 電話】と検索したら相談機関がたくさん出てくると思います。

話中の時は、他のところにかけてみてください。

 

ゴミを出してくるとか

ちょっと買い忘れたものがあるからとか

散歩に行くとか

どんな理由でもいいので、

しら~っと家から離れて電話してみてくださいね。

電話後は、通話履歴と検索履歴は削除してね。

 

そして、なによりも大切なお願い。

命の危険を感じたら、とにかく離れてね。

外に出たり、トイレなど鍵がかかるところに逃げて

すぐに110番してくださいね。

 

緊急事態宣言が出ていても、DV支援業務は変わりありません。

一時保護所(シェルター)もちゃんと機能しています。

政府はDV支援に関する補正予算を検討中です。

それだけDVリスクが上がっているってことなんですよね。

だから、もしあなたが、いつもよりキツイと感じていたら

それは当然のことなんです。ムリしないでね。

 

辛い毎日にさらに辛いことが増えてしまっているけれど

こんな時だからこそ、少しでも安心できたらいいな。

 

どんなことがあってもどんな時でも

暴力を受けていいひとなんかいない。

 

ムリしないでね。我慢しすぎないでね。抱え込まないでね。

 

 

みさ