毎年この時期になると行かせていただく小学校がある。

卒業を迎える6年生とその保護者さんに向けてのお話。

今年は小田ちゃんと二人で。

お話の後に仲間がしんどい時、どうする?をワークショップで。

行動することの練習。

写真を撮るのを忘れてしまって小田ちゃんのやった見本しかないんだけど、

ハートさんを元気にするアイテムを描いてみて!

友達と話し合い何人かが前に来て描いてくれた。

歌と描いた子。拍手と描いた子。友達とか、ハートの中に笑顔を描いてくれたり。変顔を描いた子も。

みんな無関心じゃなくて誰かのために動けたらいいな。

何も出来ないと思っていたとしても、こうやって話を聞いてくれた、話し合いをしてくれた、描いてくれた。

小学校を卒業して中学生になるみんな。

仲間を大事に生きて欲しいなー。

そして、暴力やキレる!てことの話も。

もしかしたら家庭の中で暴力を見ている子も、かつて見ていたかもしれない子も、家族の中で秘密を抱えている子もいるかもしれない。

自分の困った話ももちろんだけど、お家の中の秘密もあなたたちが抱えて苦しまないでね。

お家の中のことも相談していいんだよ。

そんなこんなのメッセージ、届いていたら嬉しい。

6年生との彼らとの出会いを楽しめた1時間だった。

未来が手を広げて待ってるよ。

この写真は、ハートさんに足をつけ逃げることも可能にしたりいろんなアイテムを描いた小田ちゃんの見本。講座では使わず打ち合わせに使った物です。