私は「8時だよ!全員集合」も「ドリフ大爆笑」も子供時代にリアルタイムで観てきた世代です。私のお笑い好きの原点はたぶんドリフだと思います。

子供時代から当たり前に観てきた志村けんさんがコロナで亡くなった時はショックで、未だに志村ロスから抜け出せません。
子供時代、家の中でしんどい事もたくさんあったはずなんだけど、なぜか土曜の夜にお腹を抱えて笑いながらドリフを観ていた思い出だけは不思議と自分の中で嫌な描写が一切入らない、温かい場面として残っているんですね。
そのせいか、ある番組の再放送で志村けんさんが「笑いって、本当はすごくあったかいものだと思うんだよね」と話しているのを聞いた時、思わず泣きそうに。
そうだ湿っぽくなるより、ドリフのDVDを手元に置いていつでも笑えるようにしようと思い、ネットで注文。しかし考える事は皆同じなのか、ドリフのDVD-BOXは注文が殺到しているとのこと。
入荷未定なのでいったん注文をキャンセルさせてくださいとメールを送ってくるショップもある中、とあるショップだけは、「かなりお待たせしますけど、入荷したら必ずご連絡しますねー!!」というポジティブな内容のメール。
さらにこのストアの人、私と同世代なのか自分がドリフを観て育った事、子供時代に家族みんなでお茶の間でドリフを観ていた事、ファンを代表してメーカーに早い取り寄せを促している事etc、やけに熱い内容をよりによってショッピング手続き専用の返信メールに長々と書き込んでくるではないの。

いいストアやなぁとは思いつつ、何週間かのちに商品を無事に受け取る訳ですが、なんとその中にも手書きのメッセージを印刷した、顧客をも思いやる温かいメッセージ入り。
やられた・・。まさかネットショッピングごときで、こんなジンとくるとは。

アットマークジュエリーの店長ハマノさん、コロナ対応で大変な中、そしてネット注文が殺到する中、アツく血の通った対応ありがとうございます。
家にこもる時間が多くなっても、こんな風に物流を流し続けてくれる人がいるから、楽しみを失わずにいられるんですね。感謝。
╰(*´︶`*)╯