私たちは社会の中で生きにくいと感じる人に・子育てを応援する活動
・女性を支援する活動
・離婚、DVに悩む女性と、シングルマザー支援
・カウンセリング
・自死遺児、遺族支援の活動

をしています。

リヴは、子ども達に「大切にされ育つ存在である」ことを伝えたいと思っています。
子どもが役割を背負わず、子ども時代をしっかりと子どもとして過ごせるように支援したいと思っています。子どもを守りたいと思っています。

そして、その支援をするために、今、大人として生きている人たちが、自分を大切にすることを知り、自分は、幸せを望んで当たり前の存在であると知ってもらうことが必要なのです。

あなたが、苦しいことはあなた一人の問題ではありません。
あなたが幸せになることは、社会に幸せなメッセージを送る力になれるということです。
あなたは、この社会の大切な大切な一人なのです。
そんな大切なあなたが苦しくていいはずがありません。

リヴは、大人にも子どもにも、優しい世界を目指しています。

迷いや悩み、苦しみ、不安....そんな気持ちに寄り添い、支援をしたいと思っています。

次世代に、苦しい時代をバトンタッチしないために、子ども達に、大人のすべき宿題を渡さないためにも。

1992年 11月
リヴ発足代表佐藤と、同時期に子育てをしていた徳永で「子育て相談グループ・リヴ」を立ち上げる.
2000年
名称を[カウンセリングスペース『リヴ』]へ改名
2002年5月
親の自殺を語る会をはじめる

.

メインスタッフ

佐藤 まどか -sato madoka-

代表

児童養護施設・母子通園施設の勤務を経て、1992年11月、同級生で、同時期に子育てをしていた徳永と「子育て相談グループ・リヴ」を立ち上げる。
自身の子育てを振り返ることもふくめて、『閉塞感のある子育て期の女性たちを支えたい』という思いと、『子どもの気持ちに寄り添い成長を見守りたい』という思いで、子育てフリートークや、親子遊び、子育ち教室などを始める。

そこから、子どものこと、夫とのこと、親のことなどを抱える女性達や子どもたちのカウンセリングやワークショップ・講座などの活動へ発展。
2000年、名称をカウンセリングスペース「リヴ」と改め活動を続けている。

また2002年5月、自身の体験から、「親の自殺を語る会」を始める。
現在は、通常のカウンセリングや、子どもの発達のカウンセリングなどに加え子どものぐりーふワークや遺族のぐりーふカウンセリングも行なっている。

講演「自殺防止・遺族支援・子どものぐりーふサポート」「子どもの育ちを支える・子育て中の母を支える・発達障害の理解・思春期の育ち・家族支援・支援者支援」など。

*社会福祉士
*臨床発達心理士

徳永 和美 -tokunaga kazumi-

副代表

幼稚園勤務後、結婚、出産し専業主婦となる。子育て中に周囲で母親の悩みを聞く機会が多くなり、代表の佐藤と1992年「子育て相談グループ リヴ」を立ち上げる。

自分自身反省する事だらけだった子育て期の事を振り返り、「子どもの力を信じ見守る」ということを、子育て中の親に伝えたいという気持ちで活動している。

講演活動として「子育て支援講座」「コミュニケーションワーク」「保育ボランティア講座」「親子あそび」など。

又私自身が興味があること、楽しいと感じることに目を向け、ワクワクする気持ちを大切に、年を重ねて行きたいと思っている。

*保育士
*家族相談士
*ベビービクス認定インストラクター

tokunaga.jpg

小田 美恵 -oda mie-

アートワークセラピスト

アートワークセラピストの おだ です。
小さいころ、夢みた、演劇俳優・
漫画家・絵本作家や魔法使い・エスパー
などなど。
あれからいく数年。

アートワークセラピーと出会い、自分が好きなとこ、やりたいことと向き合う覚悟が着いた気がします。Happy All。
そんなこんな、
どんなことも、
気持ちや思いもイメージも、
今の自分や次のステップの必要なものです。

アートセラピーで学んだことを活かして、
人の中にある、可能性や力に出会える場をつくっています。
楽しむ力や自信につながる力に気づいたり、心が喜んでいる体験を一緒にできたらと思っております。

よろしくお願いします(^^)

oda.jpg

高畑 清美 -takabatake kiyomi-

20年前、リウ”が行った保育養成講座の1期生。
この時佐藤、徳永と知り合う。
子どもの育ちや子育て中の母親に対してとても丁寧に関わる彼女達に魅かれる。
そしてこの出会いが私の子ども時代の
喪失と向き合わせてくれる。

現在、「子どものグリーフワーク」
「親の自死を語る会」「フリートーク」
行っている。

*保育士

高井 裕美佳 -takai yumika-

7年間、企業に勤めたのち出産を機に退職。
産後うつになり、心の病いを抱えながら、育児や人間関係に苦しむ。
安心して悩みを言える場所や、自分を癒し表現する方法を探す過程で、リヴと出会う。
リヴで支援について学ぶ中で、生きにくさを感じている人の気持ちに寄り添いたいと思うようになり、相談を聴くことを始める。
また、子育て中の母親に、アロマと色を使ったワークショップなども行っている。

*A•F•T色彩コーディネーター
*公益社団法人 日本アロマ環境協会認定
アロマアドバイザー
*レイキ・ヒーリング
ファースト&セカンド ディグリー修了

suketto カウンセラー

小松 智子 -tomoko komatsu-

精神保健福祉士
社会福祉士
公的機関の相談員

日々の生活を少し丁寧に♥と誓いを立てては・・・・な毎日を送っています。

徳永 和美 -kazumi tokunaga-

家族相談士、特別支援教育士、保育士。
公的機関の相談員。
背は高いですが小ちゃな物が好きです。

ボランディアスタッフ

岡 真由美 -mayumi oka-

普段は介護しをしています。あまり頻繁に出入りしてませんが、リヴの活動をお手伝いできる事を幸せに思います。よろしくお願いします。


ご予約、お申し込み、お問い合わせは、LINEからでも可能です↓